業界から考える転職先

看護師は医療と介護が主に活躍できる業界であり、最初はこのどちらかで働き始めるのが一般的です。その現場での仕事や与えられている待遇に満足できずに転職をしたい場合は、まず業界を変更するかどうかを考えるのが、転職で失敗しないために欠かせません。何が原因で別の職場で働きたいと考えたかにも因りますが、そもそも患者と関わるのが疲れると感じたのなら医療業界から別の業界へ移らなければならないでしょう。

ですが特定の分野の患者と関わることが辛い場合は、どういった患者と関わる仕事なのかを中心に転職先を探すことがお勧めです。例えば、高齢者は話をよく理解してくれなくて辛いと感じたなら、介護業界から医療業界の中でも高齢者が患者として少ない職場を選ぶのが選択肢になります。また病院で急病人や重症者の患者を接するのが辛い場合は、医療業界から介護業界を選ぶことも考えられます。自分の苦手分野や辛いと感じていることを明確化して、仕事内容に入らない転職先を見つけることも手段のひとつになります。

特に看護師は経験が必要な職業なので、ついこれまでの経験に執着して、同じ業界で探し続けてしまうものです。同じ業界内での転職先をよく吟味してもなかなか転職先が決まらない場合は、少し視点を変えて、別の業界にも目を向けてみることが重要なのです。

さらに医療や介護などにもこだわらずに、看護師という資格を活かして働ける道を模索してみても良いでしょう。看護師には広い選択肢があるため、必ず望みを叶えられる道を見出すことができるはずです。看護師の仕事において何がやり甲斐になっているのか、何をしているときが楽しいかなど、「天職を探す」という視点から次の転職先を見つけることも可能です。天職探しを目的とした転職をするなら、《こちら》が参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です