紹介や推薦で次の転職先を見つける方法

病院に長期間勤め、定年・早期退職をした看護師が、介護施設へ転職するケースはとても多いです。それが可能なのは既に介護施設で働いている知人の職員の紹介・推薦を得ているからです。この方法で採用されると、採用時の勤務条件や優遇事項のトラブルがおきにくいため、失敗しない転職方法の一つとして活用されています。

現在、介護関係の仕事は、現場で即戦力になれる方を多く求めています。病院から転職してくる看護師は、介護の現場を医療の目で見ることのできる存在として、重宝されています。特に介護施設に知人や親戚が働いている場合、この方法は活用できますが、全ての施設が受け入れている方法ではないので注意が必要です。

また病院で働いた経験のある看護師は医療の知識も豊富で、職場で求められることが多いため、今後のやり甲斐にも繋がっていきます。転職は自分にとって働きやすく給料が良い職場かどうかだけではなく、現場で必要とされる仕事なのかを見極めることも大事です。

人間関係は患者と医師・看護師から、利用者とその家族に置き換えられ、医療の現場とは違った接し方が求められていきます。そこで新しく介護のための勉強が必要となる場合もありますが、医療で培った知識を武器にして、その困難を乗り越えていくことが出来るでしょう。介護の専門知識を持った方と上手く連携しながら、新たな場所で活躍することも可能です。さらに新たに介護系の資格なども取得すると、より多くの経験を持った職員として多くの利用者や家族から信頼されることも増えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です