出来るだけ転職先の情報を収集しよう

医療や看護関係の場合、転職先の病院は大きな病院ばかりではなく、街の個人医院や小さな病院も選択肢として一般的です。従って転職先を探す場合、その病院の評判や職場環境などをしっかり調べないと、仕事に就いてから後悔してしまうことも十分考えられます。失敗しないためには、病院の情報を少しでも多く収集することが大切です。

しかし実際に知らない土地の小さな病院に関する情報を調べることは非常に困難です。少しずつ増えてきてはいますが、インターネットのホームページを開設している病院はまだまだ少ない状況です。ホームページを開設していない病院の場合、外部からは院内の様子を把握することさえ難しく、閉鎖された状態に感じてしまいます。例え求人情報があっても、求人内容の情報だけで応募を決めなければならず、不安になり応募自体を取りやめる可能性も出てきてしまいます。

そんな場合に有効な方法が2つあります。
1つ目はインターネットの口コミを調べる方法です。口コミはその病院の名前で掲示板スレッドがある場合もありますし、街の情報掲示板で情報が載っていることもあります。インターネットの口コミサイトでは、利用者が建前ではなく本音の意見を書いている場合が多いので、情報リサーチにとても参考になります。
そして2つ目の方法は、実際に友人や知人に病院を受診してもらう方法です。こちらの方法はタイミングが合わないと難しいですが、実際に利用する前に見てきてほしい項目を伝えておけば、かなり有効な情報を集めることが可能です。

このような方法で転職先の病院をしっかり知った上で、転職活動することが失敗しない結果に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です